保育ギャラリー

TOP > 園での過ごし方 > 保育ギャラリー

7/23の英語レッスン

今日のレッスンは、Seven Steps でスタートしました。

輪になって “one, two, three, four, five, six, seven” と歌いながら回ります。

進む方向が変わったりスピードアップしたりするので、盛り上がるアクティビティです。

20130723

 

後半は、”Richard Scarry’s Longest Book Ever!” という絵本を読みました。

蛇腹になっていて、どんどん長くなっていく電車の各車両に扉などの仕掛けがある、とても楽しい絵本です。

電車の中のどこかにあるバナナを探して、”Knock knock!” (コンコン) と次々に扉をノックして開きます。

果たしてバナナは見つかるのでしょうか?

20130723 2

7/19の英語レッスン

金曜日は、卒園までに児童英検ブロンズを受験することも視野に入れ、頻出語句のインプット、アウトプットを行っています。

とはいえ、小さな子どもたちなので、これに充てる時間は5分~10分程度です。

そして、何と言っても楽しくなくてはいけませんので、ゲーム感覚でできるフラッシュカードやチャンツを短時間ずつ行います。

チャンツとは、語句をリズミカルに繰り返すことで、英語を外国語として学習する際に効果的な方法です。

今日は、Family (mother, father, brohter, sister) の指差しチャンツをしました。

だんだんスピードが速くなるので、盛り上がります♪

20130719

 

園長日記 ~楽しいお絵描き編~

楽しいお遊びで集中力を養う

(大好きなお絵描き)

 

『お絵描き遊び』を観察してみると、感心させられる事が多々あります。

お絵描きのクレヨンの動きを見ていると、不思議なことに

クレヨンが一人で踊っているように見えます。

小さな手が、魔法の杖のように動くからでしょう。

描かれたアンパンマンも生き生きとしています。

アンパンマンの頬は赤く染まり、私達に笑いかけてきます。

20130718

 

20130718 2

 

お絵描きの時間は10分足らずでした。

その時の園児の顔は、みんなが真剣で、瞳はキラキラと輝いて見えました。

こんな小さな子が『無心に絵を書く・無心になれる・集中できる』

子供のもつ可能性は無限です。

私はこの時間を大切にして行きたいと思います。

 

平成25年7月18日

7/16の英語レッスン

今日は、先週に続いて “The Wheels on the Bus Go Round and Round” というお歌を歌いました。

“round and round” や “swish, swish, swish” など、歌詞に合わせて手を大きく動かすのがとても楽しい手遊び歌です。

お歌を歌う時は、いつも絵本などを使い、歌詞の意味を理解できるようにします。

また、目で見て、耳で聴いて、体を動かしながら歌うことは、記憶の定着に役立ちます。

20130716

 

お歌の後で、みんなでバスの塗り絵をしました。

とってもカラフルに塗れました!

20130716 2

7/12の英語レッスン

金曜日は、いつもアルファベットの練習をします。

お子さんでも力の入りやすいクレヨンを用い、必ず運筆練習を行ってから文字書きの練習をします。

下の写真は2歳さんです。この頃から少しずつ運筆ができるようになります。

20130712

 

次の写真は3~6歳さんです。斜めの直線がしっかりと書けるようになっています。

20130712 2

 

アルファベットは、ひらがなよりもシンプルなので、早い子は1歳頃から読めるとも言われています。

しっかりと練習をすれば、卒園までに26の全ての大文字を読み書きできるようになります。

園長日記 ~はじめての体験(心の妙薬)編~

7月初旬、男の子(3&5歳)二人が入園して来ました。

母親に手を引かれてやって来ました。

男の子たちは、見知らぬ世界に緊張気味でした。

顔に笑顔はありません。

(小さな胸がドキドキしているようです)

はじめての生活体験だから、戸惑うのも無理はありません。

そんな男の子の周りにお友達が一人、二人と集まって来ました。

そして、お友達は元気な声で『おはようございます』と挨拶をしました。

挨拶は、次から次にはじまりました。

園内は、お友達の笑顔でいっぱいです。

やがて、男の子もお友達と同じ笑顔になっていきました。

男の子は大きな声で、『おはようございます』といえました。

そして、握っていた母の手を離し、自ら、友達の輪の中に入っていきました。

新入園児が社会へ飛び出た瞬間でした。

大人には簡単なにできることでも、

男の子たちにとっては、大きな冒険だと思います。

そして、二人は目の前の試練を乗り越えていきました。

○○君たちにエールを送ります。

園内の仄々とした出来事、そんな中にもいろいろな感動があります。

あらためて、挨拶は、お互いの心を和ませる妙薬だと実感しました。

 

2013年7月3日 朝

園長 木下 政文

7/9の英語レッスン

いよいよ夏本番の暑さになってきましたが、子どもたちは元気いっぱいです。

今日は今月のメインアクティビティ、「Ten Little Teddy Bears」をご紹介します。

「Ten Little Indians」のメロディに合わせて、みんなの大好きなテディベアを10まで数えます。今度は10から1までカウントダウンしたら、最後は数字のついたお家に10匹のテディたちを入れてあげます。

20130709

 

20130709 3

このアクティビティは先週に続いて二回目ですが、”one, two, three….. ten!” と最後まで数えられたお友達もいました。

リズムに乗って楽しく覚えたことは、時間が経過しても忘れにくいものですね。

7/5の英語レッスン

今月から英語のレッスンが週2回になりました!

火曜日は今まで通り、お歌を歌ったり体を動かしたりのレッスン。金曜日は、文字や数字、ボキャブラリーを中心としたレッスンを行います。

写真は、金曜日のレッスンで扱う教材の一部です。英語圏と日本で出版されているワークブックやドリルを組み合わせて用います。

20130705

 

今日は、いつもと違ってお椅子に座ってのレッスンでしたが、3歳以上のみんなは最後までがんばってくれました!

20130705 2

7/2の英語レッスン

新しいお友達も加わり、レッスンもだんだんと賑やかになってきました♪

レッスンはいつも Play Time から始まります。今日は私も子どもたちも大好きな Train Ride (電車ごっこ) でスタートしました。 ” Chug-chug, toot-toot! (しゅっしゅっぽっぽ)” と元気よくお部屋を一周します。このような擬音語を使った遊びを繰り返すうちに、自然に英語のリズムが身につきます。

20130702

 

今月の絵本は Eric Carle の ” The Very Hungry Caterpillar ” 「はらぺこあおむし」です。フルーツを one, two, three, four, five と大きな声で数えられました!このお話はとても有名なのでみんなも知っているようですが、原文で読む楽しさを感じてもらえたら嬉しいです。

20130702 2

1 / 11

このページの先頭へ